歯のお話

虫歯は自然に治りません

虫歯の治療

虫歯は黒い着色や白濁(白い斑点)で始まりますが、この段階では痛みが無いので自分で発見することは、まず不可能です。しかしこの状態の時に治療をしてもらうのが一番良いのです。方法はただ3つ!

  • 痛みも無く、何も気にならない時期に定期的に歯を見てもらう!
  • 細菌を取り残さない!
  • 異常な力が作る歯のヒビを見逃さない!

前の段階ではエナメル質にとどまっていた虫歯が、この段階では象牙質にまで進行しています。

冷たいものがしみるなど、自覚症状が現れます。さらに進むと、神経に近づいて熱いものもしみるようになります。


初期の虫歯の時に治療をきちんとして、再度やり直しの治療をしないようにすることが何よりも大切です。

横浜山手デンタルクリニックでは、虫歯の見えない細菌を顕微鏡で拡大して見えるようにして、虫歯菌を見逃さなく細菌をきちんと取ること、さらに顕微鏡でぴったりとフィットしたかぶせ物やつめ物にしています。

そして、新しい虫歯を作らない予防法(自衛法)を見つけましょう。見える歯の部分の細菌の除去(プラークコントロール)は、お家での患者さんの役割ですね!

自分の健康は自分で守りましょう!守れる方法をマスターしていただくまで寄り添っていきます。

根・腐った神経の治療

「神経をとる」と簡単にいいますが…

お会いするまでに、他院での応急的な神経治療で、残念な事に根の先まで腐ってしまい、根の先の骨にまで入り込んでしまっている方も中にはいらっしゃいます。

神経は、1本の糸を引き出すようにスーッと取れるわけではありません。「神経をとる」という事は至難の業です。

神経の表面を一部だけ殺すような中途半端な治療の結果、患者さんは一時的に痛みは感じなくなりますが、その部分が将来全ての神経を腐らせて、根の先の骨の中に病気を作ってしまいます。

だから、いたずらに神経を取らずに、表面に神経再生の材料を付けて、歯の中にいるバイ菌を取り除いて「神経を守ります」神経に手をつけなくても痛みを取ることができるのです。

図のような歯の中の神経は、両氏の網目のようですね。正確に神経を取ったり神経に変わる薬を詰めるのは、誰が見ても難しいと思いませんか?だったら、しみる位でいたずらに神経を取らないことですね。
ここまでひどくならないように、虫歯の段階できちんとした治療をしてもらう事が大切です。

歯根管の処置の3つのステップ

Step1 死んでしまった歯の神経

Step1

死んでしまった神経や汚染された象牙質、根の先に溜まった膿(うみ)を確認します。

Step2 汚染された歯の神経の除去

Step2

リーマーやファイルという細い器具を使って、汚染された神経を除去したり、根の先に溜まった膿(うみ)を顕微鏡を見ながらきれいに取り除きます。

Step3 根管充填

Step3

歯根管内に根管充填剤を十分に詰めて、あとは根の先端の骨と接する組織の回復を待ちます。

根っ子を支える歯肉と骨の治療

深いポケットの中の見えない歯根面の汚れ(細菌・毒)は歯科医の目だけでは取れません

プローブという器具を使って、歯肉の中の見えないところを探り歯周ポケットの深さを調べます。歯周ポケットが浅いか深いかで、どの程度病気が進行しているかを探ることができます。また、歯根面の汚れの状態、歯槽骨の溶けている状態なども知ることができ、とても重要な検査です。

歯槽骨は一様に溶けて無くなっていくわけではありません。どのように無くなっているのか、1歯だけでも詳しく知ろうと思えば、大変な時間がかかります。ぐるり1周根の周り骨の等高線を探り記録します。

歯と歯肉の間からプローブ(検針)を入れて探っているところ

状態を確認した後に歯根面の汚れをきれいに取り除きます。

見えるプラークをコントロールするだけで治る歯肉炎とは違って、「見えない部分」は手術用顕微鏡特殊器具を使って、見えるようにして取り残しが無いように細菌を取り除きます。

詳しくは、秋山勝彦先生の主帝する臨床応用顕微鏡学会(AMD)やMATIインスティテュートのYou Tubeをご覧ください。

 

横浜山手デンタルクリニック 竹内院長

上の歯と下の歯の接触と顎の治療

かみ合わせの微調整

歯に異常な力が加わると、根っ子を取り巻く骨と顎(アゴ)の関節にダメージを与えます。

顎(アゴ)の関節や顎(アゴ)を動かす筋肉が異常な動きをすると、痛みを増して上下の顎(アゴ)の位置がずれたり、関節がずれたり首や顔面が歪みます。

歯ぎしりや食いしばりなど、顎(アゴ)の異常な動きのことを「ブラキシズム」といいます。このブラキシズムは筋肉の緊張によって起こり、歯にいろいろな害を与えます。また、ブラキシズム自体が筋肉の疲労を生み、それはまた筋肉の痙攣につながり、そして顎の関節の周りの痛みとなります。ブラキシズムは顎の関節の痛みに拡がります。また、強い上下の歯の接触面は、歯の根っ子を支える骨の組織へのダメージにつながり、歯周病の原因になるともいわれています。症状が悪化すると、写真の丸で囲まれている部分が痛くなります。

脳の健康を保つ為に、ブラキシズムは奥地の中の機能には必要源として発生すると考えられますが、この異常な力のコントロールは厄介な治療にもなります。悪化すると、顎(アゴ)の左右非対称や全身の歪みに繋がります。その生体が悪化した骨の位置や輪郭の改善治療を行います。

これらの事にご興味のある方は、詳しくは2017年TMK出版社の英文の教科書に匹敵するジャーナルオブデンタルプロソドンティクスリサーチに英文投稿しましたので、お読みいただければ幸いです。

見えない歯を取り巻く骨や首の骨や顔面を構成する骨の変形や変位を、CT(コンピューター トモグラフィ)で見て、異常な力のかかり具合を把握し、治療に活かします。

CTコンピュータートモグラフィ