理事長紹介

横浜 中区の歯科・歯医者 横浜山手デンタルクリニックの土肥 健二(どい けんじ)

横浜市中区の歯科・歯医者 横浜山手デンタルクリニック 土肥健二理事長

小学校時代は、クラスメートからは「どっかん」とニックネームで呼ばれ、何事にも真剣に取り組み、燃える男ならぬ爆発的男子のようであったと言われてました。

東京歯科大学卒業直後から、WHO(世界保健機構)の当時歯科臨床顧問のダリル・ビーチ先生に師事し、HPI歯科教育センタージャパンの創立メンバーとして専任講師を勤めました。そこでは、人間の行動科学を歯科医療に導入し、正確な指先の動きを可能にする感覚を養い、チーム診療を可能にすることを国内外問わず多くの先生方に伝えておりました。

昭和62年には、京都大学医用高分子研究センターの研修員として、臨床と基礎分野の橋渡しの研究に従事しました。その後京都大学生体医療工学研究センターに移り、不正咬合と全身疾患、特に頸椎症や脳機能疾患に与える歯科領域からの生体力学研究と治療法を主なテーマとして国内外の学会にて発表し、論文を作る活動をしました。

平成11年には京都大学再生医科学研究所に所属して、日本コンピュータ歯科医学会を設立し、国内学会の立ち上げから、国際学会を主宰するまでに至りました。その間、平成15年には横浜山手デンタルクリニックを開設しました。

この地は、万永元年(186年)WCイーストレーキ先生によって、日本で初めての西洋歯科医療の発祥の地となり、今日に至っております。

私は、イーストレーキ先生の「人々に本当に必要で喜んで頂けるものを世界の果てにまで、紹介・実践して行く」いわばパイオニア精神に心を打たれ、この地において彼の精神のさらなる進化と深化を求めてきました。私の診療人生がひとつの作品と例えれば、作品の舞台は古くて新しい舞台といえるこの診療室です。

趣味は、春秋の短い休日には観劇やガーデニングというよりは庭いじりを楽しんでいます。55年にもわたる横浜ベイスターズファンです。応援していても以前は肩身の狭い思いをしていましたが、今は胸を張りつつあります。長いお休みはスキーの後の温泉や南の島でのマリンスポーツを楽しんでいます。

認定資格

  • 日本総合歯科学会認定医
  • JSOI口腔インプラント専修医
  • 日本歯科放射線学会 歯科エックス線優良医
  • 日本口腔診断学会認定医
  • 更新日:

    Copyright© 横浜山手デンタルクリニック , 2019 All Rights Reserved.