虫歯の治療

横浜 中区の歯科・歯医者 横浜山手デンタルクリニック虫歯は自然には治りません!

初期の虫歯の時に治療をきちんとして、再度やり直しの治療をしないようにすることが何よりも大切です。やり直しをするたびに歯はどんどん小さくなり弱くなってしまいます。

虫歯は自然には治りません。痛くならないうちの虫歯をきちんと直して、その後定期的にチェックしてもらい、虫歯にならないように予防することが何より大切です。

横浜 中区の歯科・歯医者 横浜山手デンタルクリニック虫歯の進行について

step
1
虫歯の初期段階

横浜の歯科・歯医者 横浜山手デンタルクリニック 虫歯の治療

虫歯は黒い着色や白濁(白い斑点)で始まりますが、この段階では痛みが無いので自分で発見することはほぼ不可能です。しかしこの状態の時に治療をしてもらうのが一番良いのです。方法はただ3つ!

ポイント

  • 痛みも無く、何も気にならない状態でも定期的に歯や歯肉を見てもらう!
  • 治療中は細菌を取り残さない!
  • 食いしばりや歯ぎしりなど異常な力が作る歯のヒビを見逃さない!

虫歯は甘い物からくるだけのものではありません。食いしばりや歯ぎしりなどでできる歯のヒビなども虫歯の大きな原因となるからです。

step
2
虫歯が進行すると…

横浜の歯科・歯医者 横浜山手デンタルクリニック 虫歯の治療

前の段階ではエナメル質にとどまっていた虫歯が、この段階では象牙質にまで進行しています。初期の虫歯の時に治療をきちんとして、再度やり直しの治療をしないようにすることが何よりも大切です。

横浜山手デンタルクリニックでは、虫歯を作っている見えない細菌を顕微鏡で拡大して見えるようにして、虫歯菌を見逃さずきちんと取ること、さらに顕微鏡でぴったりとフィットしたかぶせ物やつめ物で修復しています。そして、新しい虫歯を作らない予防法(自衛の方法)を身に付けましょう。見える歯の部分の細菌の除去(プラークコントロール)は、お家での患者さんの役割ですね!

自分の健康は自分で守りましょう!守れる方法をマスターしていただくまで寄り添っています。冷たいものがしみるなど、自覚症状が現れ、さらに進むと神経に近づいて熱いものもしみるようになります。その前にきちんとした治療こそが最大の予防治療と考えます。

ポイント

初期の虫歯の時に治療をきちんとして、再度やり直しの治療をしないようにすることが何よりも大切です。あとは虫歯にならないよう予防していきます。

横浜 中区の歯科・歯医者 横浜山手デンタルクリニック新しい虫歯発生のメカニズムと治療法

通常の食事などでの咬み合っている力、および「ブラキシズム」「食いしばり」「歯ぎしり」などの夜間や昼間の不正な咬み合わせ力は、体重位です。夜の就寝時は体重の約20倍位で1t車が衝突している位と言われています。
その不正な力が歯牙に知覚過敏症や根っこの表面のセメント質剥離や骨の一部がダメージを受ける歯周病を発生します。

そのほかに歯肉に退縮が起こった歯根面の虫歯の発症や中高年の100%に近い人が持つ歯の冠の微細なひび割れを作ります。虫歯菌の大きさは、その歯の微細なひび割れの1/50ですから、そのひび割れに侵入して破壊的な虫歯を作ります。

今までの甘い物が虫歯菌と一体になって歯を溶かす虫歯と異なって、マイクロクラックからくる虫歯の処置は従来型の虫歯治療での処置では限界があります。

手術用顕微鏡を使用した治療法

当院はマイクロスコープ(顕微鏡)を駆使して、神経を守り、歯を抜かない治療を心がけていますが、それが虫歯の予防的治療につながります。ですから、歯ブラシはとても大切ですが、歯ブラシなどのホームケアだけでは解決できません。

こんなに歯科医院に定期的に通っているので。また、「つい先日クリーニングを受けたばかりなのに…何故虫歯ができてしまったの?」このような患者さんの声は世の中には多いのですが、今までのクリーニング中心の予防法を疑う前にマイクロクラックに注目してください。手術用顕微鏡を使った咬み合わせの力のコントロールを定期的に受診する必要があります。

摩耗や咬耗やマイクロクラックは何故発生する?

歯冠・形態観測 - 再生法

横浜市中区の歯科・歯医者 横浜山手デンタルクリニック 摩耗や咬耗 やマイクロクラックは何故発生する

DENTAL EXECUTIVE 85年11月 著:土肥健二

Paul Keysの齲蝕論

横浜市中区の歯科・歯医者 横浜山手デンタルクリニック Paul Keysの齲蝕論

更新日:

Copyright© 横浜山手デンタルクリニック , 2019 All Rights Reserved.