虫歯の治療

横浜 中区の歯科・歯医者 横浜山手デンタルクリニックの虫歯治療虫歯は自然には治りません!

初期の虫歯の時に治療をきちんとして、再度やり直しの治療をしないようにすることが何よりも大切です。

虫歯は自然には治りません。痛くなってからではもう遅いのです。痛くならないうちに定期的に歯科医院で見てもらい、虫歯にならないように予防することが大切です。

step
1
虫歯の初期段階

横浜の歯科・歯医者 横浜山手デンタルクリニック 虫歯の治療

虫歯は黒い着色や白濁(白い斑点)で始まりますが、この段階では痛みが無いので自分で発見することは、まず不可能です。しかしこの状態の時に治療をしてもらうのが一番良いのです。方法はただ3つ!

ココがポイント

  • 痛みも無く、何も気にならない時期に定期的に歯を見てもらう!
  • 細菌を取り残さない!
  • 異常な力が作る歯のヒビを見逃さない!

step
2
虫歯が進行すると…

横浜の歯科・歯医者 横浜山手デンタルクリニック 虫歯の治療

前の段階ではエナメル質にとどまっていた虫歯が、この段階では象牙質にまで進行しています。

初期の虫歯の時に治療をきちんとして、再度やり直しの治療をしないようにすることが何よりも大切です。

横浜山手デンタルクリニックでは、虫歯の見えない細菌を顕微鏡で拡大して見えるようにして、虫歯菌を見逃さなく細菌をきちんと取ること、さらに顕微鏡でぴったりとフィットしたかぶせ物やつめ物にしています。そして、新しい虫歯を作らない予防法(自衛法)を見つけましょう。見える歯の部分の細菌の除去(プラークコントロール)は、お家での患者さんの役割ですね!

自分の健康は自分で守りましょう!守れる方法をマスターしていただくまで寄り添っていきます。冷たいものがしみるなど、自覚症状が現れます。さらに進むと、神経に近づいて熱いものもしみるようになります。

ポイント

初期の虫歯の時に治療をきちんとして、再度やり直しの治療をしないようにすることが何よりも大切です。

横浜山手デンタルクリニックでは、虫歯の見えない細菌を顕微鏡で拡大して見えるようにして、虫歯菌を見逃さなく細菌をきちんと取ること、さらに顕微鏡でぴったりとフィットしたかぶせ物やつめ物にしています。そして、新しい虫歯を作らない予防法(自衛法)を見つけましょう。見える歯の部分の細菌の除去(プラークコントロール)は、お家での患者さんの役割ですね!

自分の歯は自分で守りましょう!守れる方法をマスターしていただくまで寄り添っていきます。

投稿日:

Copyright© 横浜山手デンタルクリニック , 2019 All Rights Reserved.