根っ子を支える歯肉と骨の治療

横浜の歯科・歯医者 横浜山手デンタルクリニック深いポケット内の見えない歯根面の汚れ(細菌・毒)は歯科医の目だけでは取れません

プローブという器具を使って、歯肉の中の見えないところを探り歯周ポケットの深さを調べます。歯周ポケットが浅いか深いかで、どの程度病気が進行しているかを探ることができます。また、歯根面の汚れの状態、歯槽骨の溶けている状態なども知ることができ、とても重要な検査です。

歯槽骨は一様に溶けて無くなっていくわけではありません。どのように無くなっているのか、1歯だけでも詳しく知ろうと思えば、大変な時間がかかります。ぐるり1周根の周り骨の等高線を探り記録します。

横浜の歯科・歯医者 横浜山手デンタルクリニック 歯と歯肉の間からプローブ(検針)を入れて探る

歯と歯肉の間からプローブ(検針)を入れて探る
横浜市中区の歯科・歯医者 横浜山手デンタルクリニック 歯と歯肉の間からプローブ(探針)を入れて探る

2mmは正常 4mmは中等度に悪い 6mmは重症

厚生労働省の平成17年歯科疾患実態調査では、歯周病の有病率は45歳~54歳では約88%、30歳~69歳では80%以上を示します。この有病率から歯周病はまさに国民病といっても過言ではありません。

今までの歯周病の治療法が正しいのなら、ギネスブックに世界的病気として認定されることはないはずでしょう。世界中の歯科医師、歯科衛生士が年々増加し多数従事しているのに、歯周病治療の成果が上がらないのはなぜなのでしょう?

歯ブラシや従来型の歯石除去などのクリーニングによって歯周病が100%予防できるのなら、ギネスに歯周病が認定されることはないはずという事実を受け止めなければならないでしょう。

もちろん、歯ブラシは非常に重要である事は間違いないのですが、歯と歯肉の隙間のいわゆるポケットに細菌の侵入を防ぐ機構が治療上で構築されれば、歯ブラシが多少悪くても歯周病になるリスクは減ります。その新しい改善法を当院では患者さんに提供しております。

状態を確認した後に、歯根面の汚れをきれいに取り除きます。歯ブラシなどで見える歯肉の浅い部分のプラーク(細菌と滞った汚れ)をコントロール(除去)するだけで治る歯肉炎とは違って、「見えない部分」は手術用顕微鏡と特殊器具を使って、見えるようにして取り残しが無いように細菌を取り除きます。

横浜市中区の歯医者・歯科 横浜山手デンタルクリニック 歯科手術用顕微鏡を使った治療


根拠となる論文

今までの方法では、感染を完全に排除する事が難しい事を以下の論文が示しています。

根拠となる論文1

1981 Stsmbaugh RU, 他
The limitsy Subgingival Scaling

概要
ポケットの深さの平均3.7mm以上になると歯石など起炎物質の取り残しが多くなる
解説
手指の感覚で行うスケーリング(歯石取り)やクリーニングは歯周病の治療予防法には適さない。だから顕微鏡による特殊な治療法が必要になる。

根拠となる論文2

1987 Bachanam 他
Claculus nemoval by Scaling / root planing with and without swgical access,

外科手術をしてメスで開いた後、糸で縫って明示したにも関わらず起炎物質である歯石や汚れの14%~18%の取り残しを認めた。

これらの論文は、起炎物質や汚れは、歯周ポケット4mm以上になったら完全に排除できない。従って、歯周病を治すことの限界を示しています。

この問題点を解決した背景にあるのが、The Micro Endoscapic technigue Akiyama Methodによる手術用顕微鏡の応用で、マイクロミラー付き剥離子などの器具のイノベーションがあります。

その治療術式の一部を動画

術者はMATI学会員の山浦先生で、患者は同じ学会員の私自身です。

ただいま、動画準備中です。

 

もし、歯周病を解決できるというイノベーションにご興味のある方は、YouTubeでキーワード「秋山勝彦(先生)・顕微鏡歯科で検索してください。

更新日:

Copyright© 横浜山手デンタルクリニック , 2019 All Rights Reserved.