歯のお話し

根・腐った神経の治療

投稿日:

「神経をとる」と簡単にいいますが…

お会いするまでに、他院での応急的な神経治療で、残念な事に根の先まで腐ってしまい、根の先の骨にまで入り込んでしまっている方も中にはいらっしゃいます。
神経は、1本の糸を引き出すようにスーッと取れるわけではありません。「神経をとる」という事は至難の業です。

横浜の歯科・歯医者 横浜山手デンタルクリニック 神経の治療

神経の表面を一部だけ殺すような中途半端な治療の結果、患者さんは一時的に痛みは感じなくなりますが、その部分が将来全ての神経を腐らせて、根の先の骨の中に病気を作ってしまいます。
だから、いたずらに神経を取らずに、表面に神経再生の材料を付けて、歯の中にいるバイ菌を取り除いて「神経を守ります」神経に手をつけなくても痛みを取ることができるのです。

図のような歯の中の神経は、両氏の網目のようですね。正確に神経を取ったり神経に変わる薬を詰めるのは、誰が見ても難しいと思いませんか?だったら、しみる位でいたずらに神経を取らないことですね。
ここまでひどくならないように、虫歯の段階できちんとした治療をしてもらう事が大切です。

歯根管の処置の3つのステップ

step
1
神経や膿の確認

横浜の歯科・歯医者 横浜山手デンタルクリニック 神経の治療

死んでしまった神経や汚染された象牙質、根の先に溜まった膿(うみ)を確認します。

step
2
神経や膿の除去

横浜の歯科・歯医者 横浜山手デンタルクリニック 神経の治療

リーマーやファイルという細い器具を使って、汚染された神経を除去したり、根の先に溜まった膿(うみ)を顕微鏡を見ながらきれいに取り除きます。

step
3
根管充填剤を詰める

横浜の歯科・歯医者 横浜山手デンタルクリニック 神経の治療

歯根管内に根管充填剤を十分に詰めて、あとは根の先端の骨と接する組織の回復を待ちます。

-歯のお話し
-, , , , ,

Copyright© 横浜山手デンタルクリニック , 2019 All Rights Reserved.