スタッフ紹介

横浜山手デンタルクリニックの治療スタッフ

土肥(どい)理事長

横浜山手デンタルクリニック 土肥理事長

小学校時代は、クラスメートからは「どっかん」とニックネームで呼ばれ、何事にも真剣に取り組み、燃える男ならぬ爆発的男子のようであったと言われてました。

東京歯科大学卒業直後から、WHO(世界保健機構)の当時歯科臨床顧問でありましたダリル・ビーチ先生に師事し、HPI歯科教育センタージャパンの創立メンバーとして専任講師を勤めました。そこでは、人間の行動科学を歯科医療に導入し、正確な指先の動きを可能にする感覚を養い、チーム全員を原則として診療を可能にすることを、多くの先生方に伝えておりました。

昭和62年には、京都大学医用高分子研究センターにて、研修員として臨床と基礎分野の橋渡しの研究に従事しました。その後、京都大学生体医療工学研究センターに移り、不正咬合と全身疾患、特に頸椎症や脳機能疾患に与える歯科領域からの生体力学研究と治療法を主なテーマに、国内外の学会にて発表と論文を作る活動をしました。

平成11年には、京都大学再生医科学研究所に所属して、日本コンピュータ歯科医学会を設立し、国内学会の立ち上げから、国際学会を主宰するまでに至りました。その間、平成15年には横浜山手デンタルクリニックを開設しました。

この場所は、万永元年WCイーストレーキ先生によって、日本で初めての西洋歯科医療の発祥の地となり、今日に至っております。

私は、イーストレーキ先生の「人々に本当に必要で喜んで頂けるものを世界の果てにまで、紹介・実践して行く」いわばパイオニア精神に心を打たれ、この地において彼の精神のさらなる進化と深化を求めてきました。

私の診療人生が作品と思えば、作品の舞台は古くて新しい舞台といえるこの診療室です。

趣味は、春秋の短い休日には観劇や、ガーデニングというよりは庭いじりを楽しんでいます。55年にもわたるのベイスターズファンです。応援していても以前は肩身の狭い思いをしていましたが、今は胸を張りつつあります。長いお休みはスキーの後の温泉や南の島でのマリンスポーツを楽しんでいます。

竹内院長

横浜山手デンタルクリニック 竹内院長

日本歯科大学新潟歯学部を卒業後、臨床研修医を経て東京都と神奈川県の開業医のもとで勤務医を務めてきました。そこでは院長として歯科医療に携わってきました。

平成21年に当クリニックに勤務し、現在は院長そして2人の子を持つママさんドクターとして活躍中です。

理事長が口癖のように言う、「お口の中は診ないお医者さん」。「お口の中だけしか診ない歯医者さん」の狭間で苦しむ患者さんに対して、「お口の中から始まる万病のもとを、チーム診療で見つめよう、それも患者さんに参加していただき、私たちスタッフとのチームと一緒に」を心がけて、日々治療をしています。

写真にあるドクターの顕微鏡は、見えない病気の原因をしっかり見えるようにして、正確さを求めます。加えてCT(3次元コンピュータートモグラフィ)は平面の2次元でなく、前と裏や左隣りも右隣りも、そしてぐるり一周からの画像診断を可能にします。

当院では、全ての患者さんに充分な検査資料をもとに、一人ひとりの患者さんに納得がいくまでお話し合いをしてから、全体の治療に着手しています。

このように歯科から全身を見つめる総合診療医や家庭医に、興味を抱かれた方、質問をなされたいと思った方、どうぞ一度、ご家族、ご友人、その他の方々とご一緒に診療室に足を運んでみてください。お待ちしております。

Staff

横浜山手デンタルクリニックのスタッフ

歯科医療は、歯科医師一人の力だけでは中々うまくいきません。

当院のスタッフだけではなく、医科や外部医療機関との連携、そして材料や器材を新しい情報を提供していただける人々のおかげです。それら多くの方々の情熱と努力で、横浜山手デンタルクリニックが成り立っております。

横浜山手デンタルクリニックはチーム診療をとても大切にしています。当院のチーム医療のスタッフは、

  • 歯科医師と歯並びの専門医
  • 予防やメインテナンスの専門の歯科医師
  • 冠や義歯を作る作業を担当する技工士
  • ホームケア(セルフケア)や食事までも相談にのる医療コーディネーターと歯科衛生士
  • 治療室でドクターとの4つの腕と4つの手、4つの眼で一体となった診療を可能にするオペレイティグパートナー
  • 「ふれあいノート」を患者さんとの間で交換し、真のコミュニケーションを目指す受付秘書役の医療コーディネーター

当院のスタッフは、診療前と診療終了後に、一日の診療や明日の診療について歯科医師・歯科衛生士・受付・医療コーディネーター・スタッフ全員によるミーティングを毎日行っています。

オペ室や治療室だけでなく技工室でも、顕微鏡を使用して詰め物やかぶせ物は段差や隙間の無いように制作され、細菌の侵入をシャットアウトします。して病気にならない健康と更に美しい詰め物、かぶせ物の製作を可能にしています。ですから、これも見えないものを診て大切にする治療です。

横浜山手デンタルクリニックスタッフミーティング

患者さんとの「診えない心からの安心・信頼を高めること」を大切にする為の在りし日のミーティング風景

横浜山手デンタルクリニックの歯科技工士

技工士さんの活動もチームの重要な役割です。