ホーム

  • 横浜の歯科医院 横浜山手デンタルクリニック

横浜の歯医者・歯科横浜山手デンタルクリニック

  • 数多くの歯科医院で同じ歯や歯肉の治療を、何度も何度もしていませんか?
  • 歯科治療中に痛いことを言い出せずに、「痛みを我慢した」などの辛い経験をした事はありませんか?
  • 歯科治療中の「ギィーン」と削る音で苦痛な思いをしていませんか?

当クリニックではそのような事が無いように、ご希望があれば患者さんからの質問や思いをお聞きし、相談する時間を4時間までの枠を作って準備してありますので、納得、安心してから歯科治療を受けることができます。

治療の全てを担当ドクターがおこないます

横浜山手デンタルクリニック歯科治療の様子

横浜山手デンタルクリニックでは、一人の患者さんを中心として担当者の役割意識と責任感を高める事で、患者さんを大切にしています。そして、担当ドクターは治療終了の最後まで寄り添い、仮歯の調整やセメントを外すのもアシスタントや歯科衛生士には任せないのです。

無痛でやり直しのない歯科治療を求めます

横浜山手デンタルクリニックの無痛歯科治療

歯科治療中に「痛みを我慢した」などの辛い経験をされた方もいらっしゃると思います。

当クリニックでは、2回目からの受診で居眠りが始まるような、ソフトタッチでやり直しが無い『快適無痛歯科治療』を目指しています。

ドクターは、歯の表面上で数ミクロンの変化がわかります。トレーニングされたドクターの指先の感覚が、「麻酔針がいつ刺されたか気が付かない感じ」を創り出します。あとは、治療の最後まで麻酔薬の効果が続きますので、最初から最後まで全く痛みを感じません。

ふれあい診療を目指します

横浜山手デンタルクリニック 歯科カウンセリング

歯科診療をするスタッフは、患者さんの不安を無くすためのコミュニケーションを大事にして、『目で見えない内なる信頼と安心』を大切にしています。患者さんとは一方方向ではない相互依存、治療が始まる前のお話し合いには長時間の時間を惜しみません。

患者さんとの『ふれあいノート』の交換 により病気の原因をクリアにし、真の健康を創り維持していきます。『全てに納得・共感しての診療』をお約束いたします。

歯科助手は、常に座る安定な姿勢でドクターの片腕となります。心(ハート)の半分を担います。ドクターと助手の心のこもった流れるような治療は、いつしか患者さんを含めた3者の一体感を創り上げます。そこにはお花の香りが漂う、穏やかな快適な時間と空間をお届けいたします。

横浜の歯医者・歯科 横浜山手デンタルクリニック当院の歯科診療科目

虫歯・歯の頭の治療

虫歯は自然には治りません!

痛くなってからでは遅いのです。痛くない時に定期的に歯科医院で診てもらい、虫歯にならないように予防することが大切です。

症状:しみる、痛い

根や腐った神経の治療

神経

神経を取ると簡単に言いますが、神経は全部を取り切るのは至難の業です。きちんと治療して再度やり直しの無いようにします。

症状:ひどく痛くて食事が食べられない、痛くて眠れない

根を支える歯と骨の治療(歯周病)

顕微鏡で細菌を取り除きます!

見えるところだけではなく、見えない部分は手術用の顕微鏡を使って、細菌を取り除きます。

症状:歯肉が腫れて骨が溶けてグラグラする

上下の歯の接触と顎の治療(かみ合わせ)

かみ合わせの微調整します!

不正咬合と心理的ストレスが加わると、くいしばりや歯ぎしりによって筋肉は異常を避けようとし、その結果筋肉の緊張から悪循環を海あごの関節周りが痛くなります。

症状:しっくり噛めない、顎の周囲や頭・肩が痛い